海底を歩く新種のサメがインドネシアで発見される【動画】

Sponsored Link

インドネシアでヒレを手足のように使い
海底をヨタヨタと歩いて移動する新種のサメが発見されました。

same2

環境保護団体コンサベーション・インターナショナル(Conservation International)が8月30日発表。

この新種の「歩くサメ」の動画を紹介します。


‘Walking’ Bamboo Shark Discovered In Eastern Indonesia

場所は、インドネシア東部の沖合い、ハルマヘラ(Halmahera)島沖で発見。

体長は69㎝ほどの大きさで、最大でも80センチほどにしかならず
夜行性、底生性の甲殻類や硬骨魚類を捕食するようです。

茶と白色のこのサメはイヌザメの一種で、人間に危害を加えることはないそうです。

イヌザメとは「ロングテール・カーペット・シャーク」としても知られており、
小型で体長は約120センチ、尻尾が非常に長く体長の大半を占めます。インドネシア、オーストラリア、パプアニューギニア周辺の熱帯海域に生息。

この新種のサメを発見したのは西オーストラリア博物館で研究員、ジェラルド・アレン博士ら。

海底を歩くサメは他に数種類存在していますので、
今回の新種サメの発見により9種目となりました。

same1
same3

関連記事:

Sponsored Link


コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

PR