虹色の雲・彩雲、とは、地震雲か?吉兆の雲!

Sponsored Link

2013年7月21日に富山県の空に虹色の雲(彩雲)が出現し話題になりました。

nigigumo1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 虹色の雲は「彩雲」とも呼ばれ太陽の近くを通りかかった雲が、虹のように彩られる現象です。

彩雲(さいうん)とは、光が雲の水滴に反射して見える現象で、

環水平アーク、瑞雲、慶雲、景雲、紫雲ともいわれます。

日本では年に数十回ほど観測されるそうです。

n1

 

 

 

 

 

 
【彩雲と地震】

彩雲が、「地震」と関係があるのではないかと言われていますが、

虹色の雲は地震の前触れ?

彩雲と地震には全く関連性はないようです。

彩雲を見た後に地震が起きたパターンもあるのかもしれません。

しかし、

彩雲を見た後、地震が起きなかったパターンは数多くあります。

彩雲が地震の前兆であるという情報は、迷信、思い込みのようです。

海外では、「虹色の雲は吉兆の印」と言っている国もありますよ!

めったに見ることが出来ない雲ですから、虹色の雲を見たときは、
良い方に解釈したほうがいいでしょう!

自然は偉大であり、ロマンチックですね!

【美しく幻想的な彩雲の画像】
n2n3n5n4n6n7n8n9

エチオピアではめでたいことの前ぶれの「虹色の雲」
彩雲が現れた時の映像です。

関連記事:

Sponsored Link


コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

PR