君が代の意味 君が代の歌詞はヘブライ語?

Sponsored Link

君が代がヘブライ語で解釈できる?

 

この訳が本当なら実に興味深い!
ヘブライ語に合う日本語を歌詞に当てたとしか思えない感じです。

君が代をヘブライ語で解釈する。

君が代は クムガヨウ(立ち上がれ)

千代に テヨニ(シオンの民)

八千代に ヤ・チヨニ(神に選ばれし者)

さざれ石の サッ・サリード(喜べ・人類を救う民として)

巌(いわお)となりて イワ・オト・ナリタァ(神の予言が成就する)

苔(こけ)のむすまで コ(ル)カノ・ムーシュマッテ(全地で 語り 鳴り響け)

 

君が代は

千代に八千代に

さざれ石の

巌となりて

苔のむすまで

汝の治世が幸せな数千年であるように
我らが主よ、治め続けたまえ、
今は小石であるものが時代を経て、
集まりて大いなる岩となり
神さびたその側面に苔が生える日まで
(ウィキペディアより)

 

君が代(きみがよ)とは

明治維新後の1880年(明治13年)に曲がつけられ、以後は国歌として扱われるようになった。
1999年(平成11年)に国旗及び国歌に関する法律で正式に国歌に制定された。元は平安時代に詠まれた和歌である。
(ウィキペディアより)

 

【関連記事】

ヘブライ語で読む「君が代」

「君が代」の歌詞はヘブライ語だった

 

 

関連記事:

Sponsored Link


コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

PR